[imo]



「固み節」The song of a deep relationship

形見節(固み節)はエイサー曲の古典的存在。夫婦の契りを固める歌と思われる。

●歌詞
1)さてぃむ目出度や 此(く)ぬ御代(みゆ) に サー祝いぬ 限りねさみ (サビ 遊ぶ楽しむ エースリ 我んや形見呉いら 千歳迄)
2)一番願(にが)わば福禄寿(ふくるくじゅ) サーすぬふか 無蔵(んぞ)とぅ連(ち)りてぃ (サビ)
3)無蔵(んぞ)とぅ我(わ)んとぅや むとぅゆりぬ、さあ契(ちぢ)りぬ ふかさあたん  (サビ)
4)百才(ひゃくさ)さなるまで 肝一(ちむひとぅ)ち  サー変わるな 元ぬ心(くくる) (サビ)


●意味
それにしても目出度いことだ。この時代に祝いは限りがない。
(サビ 遊ぶ楽しみのために、あなたに私の形見をあげましょう。千年の契り)
最初にお願いすることは、 福(子孫繁栄)、禄(富貴)、寿(長寿) その他には、あなたと一緒になること。
百才になるまで二人の心は一つだ。決して変ってはいけない元の心。



Tohgani Ayagu トーガニあやぐ

1)The sun lights up and covers all countries and all islands.The monarch like the rock which the root grew keeps this world.
2)The songs of Miyako island is beautifl like the flowers which bloom in spring or the sounds of the spring yarn. Let's introduce it into both main island of Okinawa and Yaeyama.

祝宴の幕開けによく歌われる「宮古の国歌」と言われるほど厳かな曲で、三線はゆっくり­ですが、歌は大変難易度が高く上級者向けらしいです。先生から習い、何ヶ月も練習した­のにイッパイイッパイですニョキニョキ。294...。

1、御主が世
 大世(うぷゆ)照らしゅうず まてぃだだき国ぬ国々島ぬ島々 輝り上り覆いよ 我がやぐみ 御主が世や根岩どぅだらよ
(この世を照らす太陽が国という国々や島という島々を 照らしていく。私の尊い御主人様は根の生えた岩のようにどっしりとこの世界をしっかり­守ってくれる)

2、宮古のあやぐ
 春ぬデイグぬ 花ぬ如(にゃー)ん宮古(みゃーく)ぬあやぐやすうに島 糸音(いちゅに)ぬあてぃかぎかりゃよ 親国(うやぐに)がみまい すむ島がみまい とぅゆましみゅうでぃよ
(春のデイゴの花のごとく宮古の唄は島で紡ぐ糸の音の様に あまりにも美しいから沖縄本島にも八重山にも伝えていこう)

3,家運繁盛
 十四日(とぅかゆーか)ぬ お月だき十五日ぬゆお月ぬ如(にゃー)んよ 上ずかぎぬゆずかぎ ぬゆずかぎ 此ぬ根ぬ家んなよ
(十四日のお月さまの様に 十五日のお月さまの様に 上る美しさ 昇る美しさがある この根強い家には)

このほか、お正月、結婚祝い、夫婦相和、子宝、子孫繁盛、慶事についての歌があります­。

参考図書 平良重信著 解説付宮古民謡集

関連動画(音声のみ)



Nariyama Ayagu なりやまあやぐ

宮古民謡は「ず」「す」「き」「ぎ」の発音が日本語とは異なるので注意。これができな­いといかんのだそうです。

The song of the mountain where you went and were used. Being used causes carelessness. The carelessness is bad. The song of the admonition.

Post a comment

Private comment

Profile

卍心の智

Author:卍心の智

Search form
Latest Journals
Latest comments
Monthly archive
Friend Request Form

Want to be friends with this user.

Link